2014年8月30日土曜日

TOMODACHI

涙が出そうで誰とも話したくなくなって

この宝物がくさってしまわないように

そこに立っていられなくなって

僕は自転車に乗って駆け出した 夜の街にまぎれこんだ

それは強くてやさしくて豊かな歌 歌というより言葉

言葉というより手紙のようだった



わかっちゃいるけどやめられないから必死こいて

しがみついてるんだよ

僕はそれでも続けるよ 続けるよ 何があっても ずっと

続けるよ


またいつか舞台に上がる君を

僕は観たい